動物とふれあう

蔵王ハートランドでは
100頭以上の牛をはじめ、
うさぎ、ひつじ、やぎを飼育しています。
うさぎやひつじ、やぎたちとは
直接ふれあうことができるほか、
高原の牧草地を歩く引き馬などもございます。
この機会にかわいい動物たちと
ふれあってみてはいかがですか?

蔵王酪農センターの動物たち

うしウシ科 ウシ属

ハートランドにいるうし達の99%がホルスタインです。

体長は137~150cmぐらい

体重は570~780kgぐらい(重い)です。

うしと人の関わりは古く、野生のうしが家畜化されたのは、約9,000年ほど前といわれています。また、牛乳や乳製品が利用され始めたのは、約5,000~6,000年ほど前、メソポタミヤ、エジプト文明の頃といわれています。
うしは、人が直接食べることのできない草などを食べ栄養価の高い「乳」として提供してくれるため、人の暮らしの中で古くから大切に扱われてきました。現在、世界全体ではおよそ13億頭のウシがいるとみられていますが、日本国内の乳牛の数はおよそ163万頭です。 ※牛とのふれあいはできません。

うし

やぎウシ科 ヤギ属

ハートランドにいるやぎは、ザーネン種とその雑種です。

毎年、春先にかわいい子供が生まれています。

やぎは、うしやひつじよりももっと早くから家畜化されたといわれています。やぎは、粗食に耐え乾燥にも強く、険しい地形も苦としないことから、現在でも山岳部や乾燥地帯で生活する人々にとっては、貴重な家畜となっています。乳製品としても、牛乳よりも先にやぎの乳が利用されたといわれています。

現在でも、「シェーブルチーズ」などやぎの乳を原料とするチーズが数多く作られ、やぎチーズの愛好者が世界中にたくさんいます。

やぎ

ひつじウシ科 ヒツジ属

ハートランドには、以前コリデールとサフォークという種類のひつじがいました。今いるひつじはその子孫(雑種)です。「ウールのコート」を着た羊は、暑い季節を乗り切るために、4月には毛刈りをします。

ひつじもうしと同様に人の関わりが古い動物で、数千年前から、家畜化されているといわれています。毛を刈りとって衣料として利用したり、食料として利用されてきました。また、乳を飲用として利用したり乳製品に加工して保存用の食べものとして利用したりしています。

小型で従順な性格のひつじは家畜としてすぐれた特性を持ち、古来より人のパートナーとして貴重な存在です。

ひつじ

うさぎウサギ目 ウサギ科

ハートランドには、約20羽のうさぎがいます。
小さい動物たちのおうちで静かに暮らしています。
青草や干し草が大好きで、毎日食べています。
暑い夏は、ちょっと苦手です。

野うさぎは食料とする目的で古くから狩りの対象となってきており、ヨーロッパでは現在もハンイティングの文化が残っています。日本においてペットとしてのうさぎは、江戸時代頃から始まったといわれています。
うさぎは耳が大きいのが特徴ですが、大きな耳でわずかな音もキャッチし危険を早く感じ取りるためです。また、大きな耳にはたくさんの末梢血管が分布していて、血液をたくさん流して表面から熱を放散することで、体温を一定に保つ役割もはたしています。

うさぎ
上へ